オイリー肌向け秋のスキンケア

MENU

オイリー肌が秋のスキンケアで意識すること

年間を通してみても過ごしやすいのは、穏やかな日差しの秋のシーズンです。スキンケアではオイリー肌のタイプは、少し気をつけたいシーズンでもあります。

 

 

真夏の太陽で肌はボロボロの調子なので、肌にとっては疲れが残っている時です。この先には気温が下がる厳しい真冬も待っていますので、のんきに肌への油断はできません。

 

オイリー肌がこの時期に、肌へのスキンケアで意識をするポイントは、大きく言えば2つと言えます。

 

スキンケアでは、皮膚における保湿機能を高めるということ、そしてバリアの保護機能を健全に維持することです。時期としましても皮膚の抵抗力が落ちますし、温度や太陽などの環境も変化する為に、皮膚に関わるトラブルも抱えやすくなります。

 

このシーズンには真夏の間、たくさんの太陽からのダメージを受けたために、弱くなっている皮膚であることを比較しましょう。良い時期にはなりますが、移り変わる時期の皮膚は敏感です。オイリーであっても、空気の乾きで余計に潤いは消えますので、スキンケアでは保湿を満たすことが必要になります。

 

オイリーのスキンケアではさっぱりタイプのコスメを愛用して、高い保湿美容液を使いましょう。使いたいのは、ビタミンC誘導体などの美容成分がいいでしょう。ビタミンCは全女性に愛される美容成分ですが、ビタミンC誘導体のコスメは華への浸透が良い上に、オイリーにも良い味方になる美容成分です。

 

ビタミンCが良いのは知っていますが、そのままだと酸化しやすいですし、分子が大きいために入りにくいです。でもオイリーなタイプがビタミンC誘導体を選ぶことで、浸透は良くなります。たくさんの皮脂が出てしまうのを、ビタミンC誘導体は抑える働きをしてくれます。毛穴も開きにくくなりますし、皮膚の調子を整えてくれるものです。さらには高い保湿成分もありますのでインナードライ対策にも、ビタミンC誘導体は役立つことになります。ほかにもコラーゲンやセラミドも、オイリーを助ける秋のスキンケアになります。