乾燥肌の方向け秋のスキンケアポイント

MENU

乾燥対策を入念にしたい秋

秋のスキンケア

 

秋の肌は夏に紫外線を沢山浴びているので肌が疲れていたり、日射しのダメージを受けて乾燥しやすくなっています。

 

そんな秋の疲れや乾燥を改善するためには、正しいスキンケアで元気な肌を取り戻すことが大切です。高い化粧品を使ったり定期的にエステに通うのではなく、基礎を押さえた基本のスキンケアをすることで肌の元気を取り戻すことが出来るのです。

 

まず正しいスキンケアをする前には、肌の汚れや皮脂を取り除くクレンジングや洗顔を行います。クレンジングや洗顔はスキンケアの基本で、乾燥肌を防ぐために必要な化粧品を浸透しやすくすることが出来ます。クレンジングは目元だけをきれいに落としてから、顔全体をクレンジングします。

 

ポイントメイク専用のクレンジング剤を使って、コットンや綿棒を使いながらしっかり落とします。顔全体は上から下に向かってクレンジング剤を馴染ませるようにして、毛穴にクレンジング剤や化粧品が残らないように落とします。

 

しっかりメイクが落ちたらたっぷりの泡を使って、洗顔をします。手に洗顔料を取って、ぬるま湯を足しながらしっかり泡立てます。泡を使って優しくマッサージするように、汚れや皮脂を取り除くようにします。

 

洗顔をしたらすかさず化粧水を肌に浸透させて、乾燥肌を防ぐようにします。

 

洗顔をすると毛穴が開くので潤いを浸透させることが出来る道筋を作ることが出来るので、その道筋を無くさないためにも間髪入れずに化粧水を浸透させます。

 

コットンに化粧水を染み込ませたらパッティングをして、手のひらに肌が吸い付くまで浸透させます。

 

スキンケアで肌に潤いを与えたら、美容液で夏の季節に失われた栄養を補います。美容液は顎と両頬、おでこと鼻先にのせて、外側に向かって伸ばします。美容液で栄養を与えたら乳液を使って、化粧水で与えた潤いと美容液で与えた栄養を閉じ込めます。乾燥肌がさらに気になるときにはオイルを使って、潤いと栄養を逃がさないようにします。