混合肌さんのための秋のスキンケアのポイント

MENU

混合肌向けの秋のスキンケアとは

秋のスキンケア

 

混合肌向けの、秋の肌ダメージに立ち向かうべきスキンケアのポイントは、時期的に揺らぐ肌への高保湿に成功の鍵は隠されています。

 

真夏を駆け抜けた頑張った肌は、強力な夏の太陽からのマイナスの影響を、まだまだ引きずっています。肌の回復には一定の時間が必要ですし、ここから真冬に向けての丈夫な肌をつくる時期でもあります。真夏の疲れた肌を癒して、皮膚の乾燥が激しいシーズンにたち向かう、強くて美しい肌をつくる時期でもあります。

 

混合肌は顔の肌が均一なスキンコンディションではありませんので、その状態を受け入れながら、全体的なスキンケアは高保湿をメインに行っていきます。

 

真夏は暑い時期で太陽からの乾燥も激しいので、さっぱりタイプの化粧品を使っていた女子も多いです。真夏を通り越したらさっぱり化粧品から、今度はしっとり化粧品にチェンジをしたほうがいいでしょう。夏の疲れを癒すのとともに、混合タイプの肌は皮脂も気になりますが、乾燥肌のパーツメインにスキンケアをしたほうが、肌を良い調子で保ちやすくなるからです。

 

人間の皮膚にはいろいろなトラブルが生じますが、その多くは皮膚が乾いているからというのが現実です。皮膚の乾きを持つ混合タイプは、おでこの皮脂も気にはなるものの、シーズンの変わり目という、スキンケアも十分にしておきたい時期にこそ、保湿パワーが高い化粧品をフルで使って、顔全体をスキンケアしておく必要があります。この時期のスキンケアは保湿が命といってもいいでしょうし、過ごしやすい時期だからこそ、お肌のお手いれをするのも楽しい季節になります。

 

ただ混合というスキン状態もありますので、高保湿のコスメを使うのと同時に、ニキビが気になる時であれば、アクネケアができる化粧水などを使うのもいいでしょう。肌状態を毎日鏡で確認をして、その時に応じてのスキンケアをすることで、秋の乱れやすい肌も整えることができます。混合肌はスキンケア自体で、良い肌コンディションを手に入れることは可能です。