秋の肌ダメージとスキンケア

MENU

夏の疲れたお肌をしっかりスキンケアすることが秋のスキンケアのポイント

秋のスキンケア

 

強い日差しやムシムシとした湿度で不快な夏が終わったら、すっと過ごしやすくなります。朝や晩はすずしいし、日差しも柔らかくて気持ちがいいですが、油断をしているとお肌にダメージが蓄積してしまう恐れもあります。

 

秋に、夏の疲れたお肌をしっかりとスキンケアをしてあげることで、乾燥に強いお肌を作るようにしましょう。

 

夏にお肌に大きなダメージを与えるのが紫外線です。紫外線には種類があり、肌の表面にダメージを与えるのがUV-Aと呼ばれている紫外線で、これは夏に降り注ぎます。

 

秋になるとUV-Aは少なくなるのですが、UV-Bと呼ばれる紫外線は秋になっても夏とほぼ同じ量が降り注いできます。このUV-Bは、肌の奥までダメージを与えて、シミやしわ、たるみの原因となってしまうものなのです。

 

夏はしっかりとスキンケアや日焼け対策をしていたけれど、涼しくなってきたらついつい忘れがちなのが日焼け対策。
しっかりと、日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

夏はムシムシしていて不快ですが、湿度が高いのでそこまでお肌の乾燥を感じることがありませんが、夏が終わると急にお肌がカサカサしてくる人もいます。これは大気が乾燥しているせいもありますが、夏に紫外線を浴びることで蓄積したダメージが残っているせいでお肌の水分量が少なくなっているせいもあります。
そのために、スキンケアでは保湿成分が高い化粧水などを使ってあげるといいでしょう。

 

季節の変わり目で大気の環境が変わる時期は、お肌が敏感になっている場合があります。スキンケアをする際は、お肌の調子をよく観察して、刺激の少ないものを使うことがおすすめですよ。

 

体に蓄積した夏の疲れから、お肌がカサカサしてくることもあります。スキンケアは勿論大切ですが、体が疲れているならばしっかりと休めることも大切です。

 

夜涼しくなってきて、眠りやすい季節です。お肌のためにも、質のよい睡眠をとってあげることも大事ですよ。

 

duo ザ クレンジング バーム 口コミ